じんせいはたからばこ

シンプリスト。大好きなものに囲まれた、宝箱のような人生を送りたいと思っています。

言いたいことをズバッというにはどうすればいいのか

うーんたしかにそうだけど、こんなこと言ったら嫌われないかな。。

面白いことおもいついた!でもそんな面白くないかも、つまんない奴だと思われたくないし、ああでもウケるかもしれない。。

 

言いたいけど、言えない!

 

なんてこと、ありません?

僕は、あります。それはもう、かなりの頻度で。

 

僕みたいな内向的な人間はこの

 

           言いたいことが、言えない。

 

なんてことは日常茶飯事、人と話している場のあらゆる場面で顔を出してまして、

それはもうストレスになったり、後で言えばよかった、とかもっと良い言い方があったんじゃないか、とか思いだして布団の中で悶々としたりすることがあるんですね。。

 

そんな皆さん。

 

          言いたいこと、言いたくない?

 

僕は言いたいです。

そんなわけで、

言いたいことが言えない人は科学的に何が違うのかっていう研究があったので、紹介したいと思います(強引)

 

ドイツのキール大学が2017年に行った調査があります。

言いたいことをはっきり言える人とそうじゃない人っていうのは何が違うん

だろうっていうのを調べたんですね。

 

言いたいことが言える人って、自分自身に自信持ってる人だと思いませんか?

 

ぼくは自分が思ってることがなかなか言えないタイプの内向型人間なのですが、ずばずば言ってる人を見てると、自分に自信があるタイプの人が多い感じがするんですよね。

この実験も同じようなアプローチになっておりまして、自信といいたいことが言えているかの関連を調べております。

 

平均年齢33歳の343人の女性を対象に調査をおこなっています。

まずは自信を図るため、参加者に3つの質問をします。

1.自分のことを愛情深い人間だと思ってますか。セルフケアは大切だと思いますか。(自己愛を調べる)

2.どんなこともできる自信がありますか(一般的な自信の有無を調べる)

3.あなたは他の人と同じ権利や尊厳を持っていると思いますか(自己尊敬を調べる)

 

それぞれ微妙に違う聞き方になってますが、要は

どんな種類の自信なのか、を調べているわけですね。

併せて

4.自分が普段から言いたいことをいえていますか

という質問も併せて聞いていまして、自信といいたいことが言えているかの関連を調べています。

結果としてわかったのは、

3の「他の人と同じ権利や尊厳を持っている」と答えた人がもっとも言いたいことが言えている。

ということなんですね。

ポイントは、他の人と同じ、というところでして、

「自分は他人より優れている」だとか、

「自分は他人よりもはるかに優秀だ」とか、

優越感を感じるタイプの自信は必要ない

ってことなんですよね。

(イケメンと話すと不細工って思われてる気がして話せない、というお悩みの解決策として、劣等感を感じることなく平等だと思って話せばいいよ、というアドバイスがあったりしますが、それと同じですね)

じゃあ、どうやったら鍛えられるの?って話なんですけど、まだ自己尊敬の研究は進められていないらしく、これが効く!ってのはないらしいです。(この実験も2017年と、最新のものですしね)

しかし、

セルフコンパッション」における「一般的な人間性」に近い

とのことで、

セルフコンパッションを鍛えましょう!

というのが直近の打開策ですね。

参考になりそうなのがこちら。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01M3OH7AG/ref=nosim?tag=maftracking142669-22&linkCode=ure&creative=6339

たしかに自分に自信がないと、行動は起こせないばかりか、話しかけたりもできないっすもんね。

地道なトレーニングのほかないというこっちゃ。

 

 

(元ネタはこちら。引用元:「自分の言いたいことが言えない…」人は何が問題なのか?の科学 | パレオな男

ネガティブから切り替えるために、朝四時に起きることにした。

早起きすることで生産性を上げることができます。

まず疲れが少ないですし、朝方のほうが意志力も消費されることなく

脳の力もマックスなんですね。

さらに、夜になると一日の総括をしがちになるので、

できなかったことに注意が向きやすくなるんですね。

そんな時間をなるべく減らして、前向きな時間を生み出すことが大事ですね。

その問題点を二つ一挙に解決するための手段こそが、早起きです。

早起きするためには早く寝ないといけないですから、

反省する時間が必然的に少なくなります。

仕事前のつかれていない状況で、自分のやりたいこと、勉強でも仕事でも

深夜のネガティブを抜け出して、最高の成果を出しちゃいましょう!

体にいいマヨネーズを考えてみる

マヨネーズって、なんとなく体に悪そうなイメージありません?

カロリーが高そう、油多そう、コレステロールが~

やらなんやらあるかと思いますが、体に悪いことはどうやら事実のようです。

というのも、

マヨネーズに含まれている油、これはほとんどオメガ6と呼ばれている脂肪になるんですね。

で、この脂肪がいろいろ悪さをしますよということなんです。

ぐ隊的に言うと、

体脂肪率を上げる、アレルギー反応を起こしやすくする、頭の働きを悪くする、など。

これは一例ですので、かなり多くの悪影響がありますね。。

逆のいい肩をすれば、

体に良くないのは油なんだから、いい油に変えちゃえばいいじゃない!

ってことなんです。笑

さて、いい油とい場なんでしょうか。

そう、あれですね。モ〇ズキッチン御用達の。。。。

 

オリーブオイルでーす!

オリーブオイルの効用は多くて、血圧を下げる、脳の注意力をアップする、心疾患リスクを下げるなどの効用があります。

いいことし放題じゃないか。

 

なんですが、オリーブオイルだと香りに癖があってマヨネーズには向かないので、味を考慮するならアボカドオイルで代用する手があります。

アボカドオイルにはルテインという抗酸化物質が豊富なので、アンチエイジング効果も期待できますね!

 

マヨネーズの原料は卵と油とオスですから、

油を変えてみて、手作り健康マヨネーズ生活、始めちゃいましょう!

 

(参考:DaiGoとつっしーのお料理チャンネル)

いきていくのにお金はいくら必要?ミニマムライフコストを計算してみた!

生きていくのにいくら必要かを計算するのに、ミニマムライフコストという考え方があります。

執筆家の四角大輔さんが提唱されていますね。

簡単に言うと、

最低限満足できる生活をするのに、毎月いくら必要なのか。

を計算するということですね。

支出を把握するのは節約、貯金の基本ですから、せっかくですので私のミニマムライフコストを計算してみようと思います。

ミニマムライフコストを考えるときは、毎月の支出を大きく二つに分けます。

それは、固定費と変動費です。

読んで字のごとく、固定費は毎月定期的にかかるお金(家賃、携帯通信費など)

変動費は毎月支出額が変わるもの(電気代や食費など)などですね。

節約のコツは固定費を減らすことだったりするのですが、その辺りは置いておいてとりあえず計算してみましょう。

 

   固定費

家賃     60,000円

水道代(固定)  2,000円

携帯通信費    2,000円

Wi-Fi通信費   3,000円

ラジコ会員             300円

アマゾン会員         350円

ニコニコ会員  1080円

       計68,650円

 

以下、変動費を見ていきましょう。

   変動費

ガス代     7,000円

電気代   8,000円

食費       15,000円

被服費  3,000円

交際費     5,000円

書籍       10,000円

映画、美術館 5,000円

交通費 10,000円

日用品   5,000円

    計 68,000円

 

固定費及び変動費計136,500円ですね。

 

思っていたよりもお高めの数字が出ました。

交通費は毎月の旅行や帰省などで、なぜかライフラインの支出が多いんですよね。

本当に不思議、無駄遣いしている感覚はないのですが。。

とにもかくにも、ミニマルライフコストが出そろいました。

繰り返しますが、支出の把握はせつやくのきほんですから、

ここから節制、家計の把握に繋げていきたいですね。

今日の名言

何をするにも時間は見つからないだろう

時間が欲しければ自分で作ることだ

 

チャールズ・バクストン(1823~1871)

米国の作家、政治家、醸造家、慈善家

 

時間というのはただそこにあるものじゃないんですね。

一日は24時間、当たり前のように存在するように思えるけれど、

何もせずにいればあっという間に過ぎ去ってしまいます。

よく「時間がないから」「忙しいから」というのを口癖のように

いう人がいますが、時間というのは

「そこにあるもの」じゃないんですね。

「つくりだすもの」ということですね。

 

イギリスの歴史学者パーキンソンが提唱した理論に、

パーキンソンの法則」というものがあります。

簡単に言うと、

①仕事量は締め切りいっぱいまで膨張する

②支出の額は収入いっぱいまで膨張する

というものです。

 

つまり、人間は「あると思えば、ある分すべてを使ってしまう」

ということですね。

貯金するのは難しい、という人は多いですが、その理由はこの

パーキンソンの法則」によるものだったんですね。

その最もシンプルな解決策は、

あらかじめ制限をかけておくこと!

です。

貯金しようと思うなら、貯金する分をあらかじめ別口座にうつして、ないものとして扱っておく!

など、はじめから「あるもの」から除外しておくんですね。

 

これを応用して、「時間がない」を解決するための手段としては、

「あらかじめ誰にも邪魔されない時間を作る」

がおすすめです。中には、

忙しすぎて、そんな時間ないよ!

という方もいるかもしれません。

そんな方は、たった5分でもいいので、時間を作るようにしましょう。

5分間、少し早起きする。

昼休憩になんとなくスマホを見る時間のなかから、5分間を捻出する。

通勤時間のうち、ぼんやりと眺める時間から、5分間だけ集中する時間を作る。

など。

一日24時間のうち、5分間だけ、だれにも邪魔されないという制限をかける、ということですね。

ほんの少しの時間からでも、自分は変えられます。

この5分間を、6分、10分、1時間と、徐々に増やしていければいいのです。

もう一度言います。

 

何をするにも時間は見つからないだろう

時間が欲しければ自分で作ることだ

 

時間は「作るもの」です。

生み出した時間で、自分がしたいこと、好きなことができる時間を増やしましょう!

短歌批評1 青春の揺らぎと自意識

 

ナンパしてみたいけれどもなんぱゆるすをんなとは口をききたくもなし

大松達知「フリカティブ」

 

思春期特有の自意識が見え隠れする。思春期最大の関心事といえば性であり、世界は性を中心に回っているといっても過言ではない時期である。それぞれに理想とする威勢の対象像はあれど、共通していえるのは、はじめは接触できない対象として認知されることである。

一言でいえば「憧れ」だ。

すべては憧れからスタートする。それは一目見た時から運命的な形で始まるのかもしれないし、何気ない接触の中から徐々に生まれてくるものかもしれない。

いずれにせよ彼ら、もしくは彼女らの中に、自分にはないキャラクターを見出している。

そこには期待がある。かたちは違うにしても、おおむねそれらは為政しての役割を期待される。

 

テーマにもなっているナンパというワードにも、明らかにその役割が期待されている。

憧れの為政をわがものとするには、まずはその対象と出会うところから始めなければならない。

そのもっとも原始的で初歩的な方法がナンパだろう。

視界に入った女に声をかける。

言葉にすれば簡単そうに思えるこの行動も、いざ自らやってみるとなるとそうとうにハードルは高い。

届きえぬ為政への思いは、そのまま地震へのにんしきへと変わる。

女に声もかけられない自分なんて、、、

その認識、自意識こそ思春期特有だろう。

どうしようもない自分、何も行動できない自分、変えられない自分、、

それらを支えるのが自意識、ぷらいどだ。

おとこはプライドでできている。

大げさにではなく、そのままの意味でだ。

カッコ悪いじぶんなど見たくはない。むしろそれは自分ではない、、

そんな意識が見え隠れする。

 

しかしその真理からは逃げられない。

ナンパしようとしているのは、他でもない、「ぼく」なのだから。

 

逃れられないループのなかで、必死で足掻こうとするのではなく、あくまで自己を崇高な存在として捉える。

男ってバカだなあ、なんて声がきこえてきそうだ。

紛れもない事実なんだけど。ホントはね。

けど言っちゃいけないこともこの世の中にはあるということだ。

 

これって全部、君の頭の中で完結してることじゃん、なんて、口が裂けても言っちゃダメなんです。

 

だって、ナンパでついてくる女なんて軽いんですから。そんな軽い女、ぼくには合わないんですから。

なんて、自意識。愛らしい。愛してあげてね。

 

男なんて、みんな、バカなんですから。

コムデギャルソンはアートかビジネスか

先日あるラジオを聴いていて、その番組ではミュージシャンと広告屋が対談していたのだが、そのテーマが、

「コムデギャルソンと川久保玲」であった。

コムデギャルソンといえば言わずもがな、日本が誇るトップファッションブランドであるわけだが、その特徴は洋服なのか、それともアートなのか、一目には判断のつかない装飾性の高いデザインだ。

f:id:yjnatplus:20170423193100j:plain

2014awより

 

ヨウジヤマモトとともに一度は世界の頂点を極めたブランドであり、20年以上にわたり、世界中のファッショニスタたちから熱い支持を集めているブランドでもある。

ここから、ファッションをめぐる永遠のテーマにして、トップデザイナー最大の悩みである問題について考えてゆきたい。

それは、

ファッションとはアートなのか。である。

言い換えれば、ファッションとビジネスは両立できるか、ということでもある。

 

コムデギャルソンの洋服は現在のコレクションも、過去のものもどちらも人気があり、中には美術品のような感覚で買い求めてる人もいるらしい。

 

ここで、だ。

コムデギャルソンはビジネスの面でみても、服飾デザインの面で見ても、ともに高いレベルで二十年以上に渡り世界展開し続けている。

個人レベルで創業し、ビジネスでもデザイン面でも高い評価を受け続けているブランドは、世界的に見ても多くはない。

ヨウジヤマモトが民事再掲法の適用を受けなければならぬ状況におちいってしまったのとは対照的だ)

その点でいえば、コムデギャルソンはその二つを両立させた稀有なブランドといえる。

f:id:yjnatplus:20170423200143j:plain

2010ssより

 

その点に関して、デザイナーにしてビジネス面のトップにも立ち、創業者である川久保女史のインタビューを拝見したことがある。

その質問では、あなたにとってファッション(もしくはデザイン)とはアートかビジネスか、というシビアな点について問われた。

しかし彼女は迷うことなくこう答えたという。

「ビジネスね」と。

 

その常識離れのアイデア、センス、クリエイティビティは、我々凡人の理解できるところではないが、アートがアートたる所以は、芸術たる視点を自らに課し、自覚的にアウトプットするという一般的認識から離れたところにあるのかもしれない。