読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいはたからばこ

シンプリスト。大好きなものに囲まれた、宝箱のような人生を送りたいと思っています。

短歌批評1 青春の揺らぎと自意識

 

ナンパしてみたいけれどもなんぱゆるすをんなとは口をききたくもなし

大松達知「フリカティブ」

 

思春期特有の自意識が見え隠れする。思春期最大の関心事といえば性であり、世界は性を中心に回っているといっても過言ではない時期である。それぞれに理想とする威勢の対象像はあれど、共通していえるのは、はじめは接触できない対象として認知されることである。

一言でいえば「憧れ」だ。

すべては憧れからスタートする。それは一目見た時から運命的な形で始まるのかもしれないし、何気ない接触の中から徐々に生まれてくるものかもしれない。

いずれにせよ彼ら、もしくは彼女らの中に、自分にはないキャラクターを見出している。

そこには期待がある。かたちは違うにしても、おおむねそれらは為政しての役割を期待される。

 

テーマにもなっているナンパというワードにも、明らかにその役割が期待されている。

憧れの為政をわがものとするには、まずはその対象と出会うところから始めなければならない。

そのもっとも原始的で初歩的な方法がナンパだろう。

視界に入った女に声をかける。

言葉にすれば簡単そうに思えるこの行動も、いざ自らやってみるとなるとそうとうにハードルは高い。

届きえぬ為政への思いは、そのまま地震へのにんしきへと変わる。

女に声もかけられない自分なんて、、、

その認識、自意識こそ思春期特有だろう。

どうしようもない自分、何も行動できない自分、変えられない自分、、

それらを支えるのが自意識、ぷらいどだ。

おとこはプライドでできている。

大げさにではなく、そのままの意味でだ。

カッコ悪いじぶんなど見たくはない。むしろそれは自分ではない、、

そんな意識が見え隠れする。

 

しかしその真理からは逃げられない。

ナンパしようとしているのは、他でもない、「ぼく」なのだから。

 

逃れられないループのなかで、必死で足掻こうとするのではなく、あくまで自己を崇高な存在として捉える。

男ってバカだなあ、なんて声がきこえてきそうだ。

紛れもない事実なんだけど。ホントはね。

けど言っちゃいけないこともこの世の中にはあるということだ。

 

これって全部、君の頭の中で完結してることじゃん、なんて、口が裂けても言っちゃダメなんです。

 

だって、ナンパでついてくる女なんて軽いんですから。そんな軽い女、ぼくには合わないんですから。

なんて、自意識。愛らしい。愛してあげてね。

 

男なんて、みんな、バカなんですから。

コムデギャルソンはアートかビジネスか

先日あるラジオを聴いていて、その番組ではミュージシャンと広告屋が対談していたのだが、そのテーマが、

「コムデギャルソンと川久保玲」であった。

コムデギャルソンといえば言わずもがな、日本が誇るトップファッションブランドであるわけだが、その特徴は洋服なのか、それともアートなのか、一目には判断のつかない装飾性の高いデザインだ。

f:id:yjnatplus:20170423193100j:plain

2014awより

 

ヨウジヤマモトとともに一度は世界の頂点を極めたブランドであり、20年以上にわたり、世界中のファッショニスタたちから熱い支持を集めているブランドでもある。

ここから、ファッションをめぐる永遠のテーマにして、トップデザイナー最大の悩みである問題について考えてゆきたい。

それは、

ファッションとはアートなのか。である。

言い換えれば、ファッションとビジネスは両立できるか、ということでもある。

 

コムデギャルソンの洋服は現在のコレクションも、過去のものもどちらも人気があり、中には美術品のような感覚で買い求めてる人もいるらしい。

 

ここで、だ。

コムデギャルソンはビジネスの面でみても、服飾デザインの面で見ても、ともに高いレベルで二十年以上に渡り世界展開し続けている。

個人レベルで創業し、ビジネスでもデザイン面でも高い評価を受け続けているブランドは、世界的に見ても多くはない。

ヨウジヤマモトが民事再掲法の適用を受けなければならぬ状況におちいってしまったのとは対照的だ)

その点でいえば、コムデギャルソンはその二つを両立させた稀有なブランドといえる。

f:id:yjnatplus:20170423200143j:plain

2010ssより

 

その点に関して、デザイナーにしてビジネス面のトップにも立ち、創業者である川久保女史のインタビューを拝見したことがある。

その質問では、あなたにとってファッション(もしくはデザイン)とはアートかビジネスか、というシビアな点について問われた。

しかし彼女は迷うことなくこう答えたという。

「ビジネスね」と。

 

その常識離れのアイデア、センス、クリエイティビティは、我々凡人の理解できるところではないが、アートがアートたる所以は、芸術たる視点を自らに課し、自覚的にアウトプットするという一般的認識から離れたところにあるのかもしれない。

思考整理アプリ「simplemind」が便利すぎる

こんばんは。シンプリストようじです。

 

皆さんは普段物事を考えるとき、どうやって頭の中を整理してますか?

 

たとえば、

・ノートに箇条書き

とか、

・仲の良い友達に相談がてら話す

ってのもいいですよね。楽しいし。

それか、

・付箋に書き出す

もしくは、

・とりあえずブレスト!

なんていう人もいるかもしれませんね。

 

でも実は,

そもそも整理とかしてないし。

・・という人が、一番多いんじゃないでしょうか。

 

何を隠そう、私もそのひとりでした。

基本的に何も考えてないので笑

話がまとまらないし、

大学時代のレポート課題なんて、苦行以外の何物でもありませんでした。

 

しかし、このアプリに出会ってから、すべてが変わりました。

 

そのアプリがこちら。

simplemindというマインドマップアプリです。

無料で使えます。

 

 

と、そのまえに。

そもそもマインドマップとは、どんなものなのでしょうか。

(ここから少し長ったらしい文章が続きます。読むのが面倒くさい!というかたはとばしてください)

マインドマップとは、1942年ロンドン生まれの著述家、トニー・クザンという人物が考案したものです。

トニー・クザン氏によると、マインドマップには12のルールがあるのですが、ここではシンプルに説明していきたいと思います!

 

マインドマップは、中心となるテーマから枝を延ばし、そこからイメージする言葉を次々に書き出していく手法のことです。

 

イメージとしては、蟻の巣を創造していただくと分かりやすいと思います。

 

マインドマップの便利なところは、

・簡単であること

・一目でわかりやすいこと

・関係性が分かりやすい

・全体像がつかみやすい

 

それぞれがどのような関係性でつながっているか、一目でわかっちゃいます。

連想ゲームのような感覚で、簡単に出来てしまいますしね。

 

実はこの記事もマインドマップを使って書いています!

 

その他にも、

イギリスのオリンピック代表チームの作戦会議や、

アメリカ同時多発テロ後の復興計画、ニュージーランド国防軍の作戦、

さらにはノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア米元副大統領などそうそうたる人々が、

このマインドマップを使っています!

 

さらに考案者のトニー・クザン自身も、ノーベル平和賞にも三回もノミネートされています。

 

このアプリを使えば、もやもやしていた頭の中もすっきり整理できちゃいますよ!



気づけばモノにあふれている。

机、本、洋服、調理器具、ガジェット、雑誌、バッグ、食料品、お菓子、、、、

明らかに消費しきれないだけのものが、この部屋に溢れている。

愛したものだけを、愛したいと思った。

人を愛するのはある意味でわがままだけど、物はそうじゃない。

手元にのこったわずかばかりのアイテムたちだけを、精いっぱい愛そう。

文章を書くことについて。
生まれてからずっと、文章を書くのが苦手だった。
物心ついたときには海外にいた、という僕の生い立ちも、多少は関係があるのかもしれない。(僕は五歳から十歳までアメリカで暮らした)
しかしそれ以上に、僕自身が、決定的にアウトフットが苦手だったということが大きい。
つまりは、まったく喋らない子供だったのである。
普通の家庭なら、例えば学校からのかえりみちに 今日学校でどんなことがあったの?んーとねーお友だちのゆうすけ君がねー、なんて会話で盛り上がるのだと思う。
しかし僕にはそんな会話はできなかった。
単純に、友達がいなかったからだ。
母に学校のことを聞かれても、何も答えられない自分がいた。
あれからに十年がたった。
相変わらず、僕はあまり喋らないし、特だん友達も多いわけではない。
だけど、本の少しだけれど、気の会う、大事な友人ができた。
気づけば、あのとき母にできなかった、今日自分の身に起こった話が、出来るようになっていた。
そうしていま、僕はこの文章を書いている。
できなかったことが少しずつ、できるようになっている。
子供の頃のように、少しずつ、成長していっている。